癌性胸膜炎の原因・症状

癌性胸膜炎は胸膜に悪性腫瘍が無数に発生し、それによって炎症が起きる事を言います。癌性胸膜炎の症状は胸痛咳があり、この状態が進行することで、胸水が溜まります。胸水の量が増えることで呼吸困難を引き起こす可能性も高くなります。

聴神経腫瘍の治療

多くの治療法がある中で現在、注目されているのが放射線治療です。聴神経腫瘍の治療にはこの放射線治療を用いて行なうこともあり、リスクの少ない方法で治療を進めています。

腰部脊柱管狭窄症とは

経験豊かな歯科医院に治療を依頼することでインプラントが失敗することはありません。しっかりと歯医者を選びましょう。

上手く歩けないときは腰部脊柱管狭窄症かもしれない

腰部脊柱管狭窄症は事故などの外傷で起こることもありますが、加齢によって徐々に変形した椎間板や椎間関節が脊柱管内の神経を圧迫して起こる病気です。痛みを感じることは少ないですが、歩きづらくなったり、足にしびれを感じたりして、日常生活に支障をきたすことがあります。万が一、歩けなくなった場合、神経を圧迫している椎間板等の除去を行うために手術をしたり、神経への血流を良くする薬を服用するほか、コルセットなどで正しい姿勢を保つようにします。手術となると、2週間程度の入院で30〜60万円ほど自己負担額がかかってしまいますが、しばらくは手術以外の治療で様子を見ることがほどんどで、手術は腰部脊柱管狭窄症の治療の最終手段です。

実は罹患者数が多い病気です

腰部脊柱管狭窄症はかつては労災など事故により椎間板が変形してしまった人などに多い病気でしたが、超高齢化社会により加齢で腰部脊柱管狭窄症を発症している人は70歳以上の人で12人に1人の割合でいると言われています。実は、強い痛みを感じることの少ない腰部脊柱管狭窄症は、歳のせいだと早合点し、きちんとした治療を受けていない人が多い病気です。座った姿勢など安静にしていればなんということはないが、いざ立ったり歩いたりすると、しびれを感じたり、休み休みでないと歩けないという人は腰部脊柱管狭窄症になっている可能性もあります。手術が必要になるほどの狭窄になる前に、足のしびれなどを感じている人は早めに受診してみることをお勧めします。

歯の見た目をピカピカにできる審美歯科|吉祥寺セントラルクリニック

丈夫で綺麗な歯は、健康維持に欠かせません。オールセラミックの差し歯を作りたい方は、ココのクリニックがおすすめ。

心筋梗塞の原因・症状

心筋梗塞は冠動脈を血栓が塞ぎ、血流障害が起こることで心筋が壊死してしまうことで起きる病気のことです。肥満やストレスなどが原因で血圧が起こり、心筋梗塞を引き起こしています。

口腔外科について

口腔外科は口内をはじめ、あごや顔面の周辺組織に生じた疾患を、外科的な処置・治療を行います。悪性腫瘍のものでは、癌腫であり様々なものがあります。早期発見をすることで完治させる事が可能となります。