心筋梗塞の原因・症状

心筋梗塞の原因と症状について

心筋梗塞とは、心臓の冠動脈を血栓が塞いでしまい、血流障害が起こることで心筋が壊死してしまう病気です。心筋梗塞の原因となる要因は多岐にわたり、高血圧や運動不足、コレステロール値が高い、糖尿病、肥満などがあげられます。また多大なストレスによって脈拍や血圧が上がることも原因となることがあります。症状は強い胸の痛みの他、呼吸困難や吐き気を起こします。また前兆として胸を圧迫するような痛みや、左肩から背中にかけての痛み、不整脈などが現れることがありますが、患者の半数は前兆なく突然発症しています。軽度の心筋梗塞の場合ならば、安静入院をして血流を改善し、心臓に負担のかからないように血圧を下げる治療を行います。

応急処置と治療の方法について

心筋梗塞は循環器内科の分野となります。発症後はできるだけ早く処置に取り掛かる必要があります。痛みを抑え、危険な不整脈を電気的に治す措置や呼吸困難を起こした場合には人工呼吸器を使用します。更に症状が悪化した場合は、心臓のポンプ作用を補助する装置を繋ぎ、また心臓外科と連携し冠動脈疾患用集中治療室での治療を行います。心筋梗塞において最も重要な治療は、閉鎖した冠動脈を再び開通させることです。冠動脈に詰まった血栓を溶解させる物質を注射する血栓溶解療法と、カテーテルを挿入して閉鎖部分をバルーンで拡張する方法などがあります。日本ではバルーンなどによる拡張術が広く行われています。術後数日間は安静、絶食、安定薬や酸素吸入が必要であり、継続的に心電図を監視し、重度の不整脈が現れるのに対応できるようにします。