聴神経腫瘍の治療 | 腰部脊柱管狭窄症について詳しい知識を身につける

聴神経腫瘍の治療

よりリスクの少ない放射線治療が選択されていくと予想されます

聴神経腫瘍は、脳腫瘍の一種です。進行は遅く、良性の腫瘍なため時に経過観察になることも少なくありません。治療では聴神経腫瘍を手術で摘出する方法が一般的ですが、最近では様々なアプローチが試みられるようになっています。例えば、放射線を用いた治療です。特定の部位に集中して放射線を当てるガンマナイフなどを使用して、聴神経腫瘍を治療する方法が現在では広く行われています。放射線での治療は、従来の手術に比べて脳神経などを傷つけるリスクが少ないことから、昨今ではこうした方法を選択するケースも増えているのです。医療者側も最近では体への侵襲性が少ない治療法を勧めるケースが増えており、リスクの高い治療を避ける傾向は今後も続いていくと考えられるのです。

聴神経腫瘍の手術には一定のリスクも伴います

聴神経腫瘍は良性の腫瘍なため、腫瘍自体を取り除くことが出来れば治療は完了します。ですが、聴神経腫瘍はかなりデリケートな位置に出来るため手術を行うに当たっては熟練した技術を持つ医師の存在が欠かせないのです。特に腫瘍が癒着を起こしている場合には、細心の注意を持って手術を行う必要が出てきます。聴神経腫瘍の手術では、時に脳神経や顔面神経に影響を与えることもあり、一定のリスクのある治療法とも言えるのです。最近では放射線治療を組み合わせてよりリスクの少ない方法が試みられることもあり、担当医の方針によって勧められる治療法は異なる傾向があります。ですので、聴神経腫瘍を治療する上ではセカンドオピニオンなどを利用して様々な方法を探ることが大切になるのです。