癌性胸膜炎の原因・症状

癌性胸膜炎の特徴等について

癌性胸膜炎とは、胸膜と呼ばれる部分に悪性腫瘍がばらまかれ、それによって炎症が起きる事を言います。胸膜とは肺と胸郭の内側を覆う膜の事です。この胸膜にばらまかれる悪性腫瘍は、肺癌からの場合が多いです。次いで胃癌や乳癌、卵巣癌等が多いです。 癌性胸膜炎の症状としては、最初に胸痛や咳があります。この時の胸痛は、深呼吸や咳でひどくなるという特徴があります。この状態から更に炎症が進行すると、胸水が溜まるようになってきます。胸水の量が多くなってくると、呼吸困難が起きる恐れが高くなります。ちなみに発熱が起きる可能性は低いです。 癌性胸膜炎になるという事は、体のどこかで癌が進行中であるという事になります。そのため、上記のような症状がある場合には、早めに病院を受診するのが望ましいです。

具体的な治療方法等について

癌性胸膜炎の治療は、まず第一に溜まった胸水を抜く作業が行なわれます。胸腔ドレナージという方法で、専用のチューブを胸腔に挿入して、そこから胸水を抜きます。 ある程度胸水を抜く事が出来たら、今度は抗がん剤等の投与を行ないます。これによって、再び胸水が溜まるのを予防するのです。そして、この治療と合わせて、全身への抗がん剤投与も行なわれます。 ただ、癌性胸膜炎は予後が極めて不良な疾患です。つまり治療を行なっても、病気が発生する前の元気な状態にまで回復するのが難しいのです。そのため、出来るだけ発症しないように注意する事が大切になります。 発症の原因が肺癌である場合が多いので、喫煙をしない事は予防に有効です。また、定期的に健康診断を受ける事も重要になります。